JavaからのRuby on Rails入門

Rubyのif文についてまとめてみた

calendar

if文

 Rubyのif文はこんな感じ。

  • 条件式に( )は不要
  • else if じゃなくて、elsif
  • thenはあってもなくてもOK

unless文

 unlessは、「もし〜でなければ」を意味する。if文の条件式が否定形になる場合、unlessを使った方が分かりやすいのか?個人的には普通に否定のif文の方が分かりやすい。

 以下のunless文とif文は全く同じ。

 unless文はelsifを使って、条件式を複数用意することができない。よってunless文による分岐は二択のみ。

実行文の後ろにつけるif文

 Rubyでは、

という直感的な書き方ができる(条件式がtrueなら実行文が実行される)。

 unlessも同様に、後ろに付けることが可能。

真偽値の注意

 phpなんかでは、数値0空文字列””はfalseと判断されますが、Rubyではいずれもtrue扱いになる。

 Rubyでfalse扱いされるのは、

  • false
  • nil

のみ。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

書いている人

Nobuo

Nobuo

一番かんたんなJava入門というサイトを運営しています。Javaやphpは少し分かりますが、Ruby on Railsについては全く何も知らないので、このサイトにアウトプットしながら覚えていこうかと思っています。 [詳細]

folder Rubyの基本文法

more...

folder 初めてのRuby on Rails入門

more...

folder Rails忘備録

more...