JavaからのRuby on Rails入門

バリデーションエラーメッセージ、及び、フィールド名を日本語化する

calendar

reload

スポンサーリンク

エラーメッセージを日本語にする

 前回、バリデーションエラー時にエラーメッセージを表示するようにしましたが、このエラーメッセージを簡単に日本語化する方法があります。

 /config/application.rbを開いて、以下の一文を追加します。

この一文によってどういう処理が行われているのか詳しいことはよく分かりませんが、デフォルト言語を日本語に設定しているようです。

 それともう一つ。

 rails-i18nというのをインストールします。
 /Gemfileを開いて、以下のように、gem ‘rails-i18n’と追記してください。

 正しく書けたらファイルを保存してから、コンソールにて、

というコマンドを打ってインストールします。

 これでサーバーを立ち上げなおしてからアクセスすると、エラーメッセージが日本語になっているはずです。

 コンソールにカーソルを合わせた状態で、control + cと打つことで、サーバーを一旦落とすことができます。

 それから再度、サーバーを立ち上げるコマンドを打ってください。

翻訳ルールを定義する

 ただ、これだとフィールド名がまだ英語のままです。

 フィールド名も日本語にするには、/config/localesディレクトリ内に、ja.ymlというファイルを新規作成して、以下のように書きます。

 これでフィールド名も日本語になりました。

 このja.ymlというのは、日本語化する為の設定ファイルのようなもので、実は上記の書き方によって、memberリソースの

  • nameフィールド → 名前
  • yomiフィールド → ヨミガナ
  • phoneフィールド → 電話番号

という翻訳ルールを定義していることになります。

 結果的に、このja.ymlを書いておけば、表示されるフィールド名は全て自動的に翻訳されることになるので、リソースの新規登録画面を作って、登録処理を実装するで、いちいちフィールド名の表示やボタンのテキストなどを日本語に変えたのが、不要になります。

  ↑こんな風に、頑張って日本語化しましたが、全部消してしまいましょう。

 各フィールドの表記をデフォルトに戻しても、ちゃんと日本語化されているのが分かると思います。↓

 

Ruby on Railsの疑問に無料で答えてもらえます↓

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

書いている人

Nobuo

Nobuo

一番かんたんなJava入門というサイトを運営しています。Javaやphpは少し分かりますが、Ruby on Railsについては全く何も知らないので、このサイトにアウトプットしながら覚えていこうかと思っています。 [詳細]

folder Rubyの基本文法

more...

folder 初めてのRuby on Rails入門

more...

folder Rails忘備録

more...