JavaからのRuby on Rails入門

Cloud9でworkspaceを作る方法

calendar

reload

フリーランスエンジニアの収入例を見てみる→エンジニアの新しい働き方を応援する「MIDWORKS」

 ではさっそくCloud9を使って、webアプリケーションを作ってみたいのですが、まずはworkspaceを作る必要があります。wordspaceというのはアプリケーションを開発する為の作業場みたいなものと思っていたらいいです。

 ダッシュボードにあるCreate a new workspaceをクリックします。
c9_make

 すると、workspaceの作成画面が開きますので、必要事項を入力していきましょう。

create_a_new_workspaceWorkspace name
 workspaceの名前を入力します。workspace名は作成するwebアプリケーションのURL(開発用)にも使われるので、小文字英数字及びハイフン、アンダースコア以外は使えません

 ここではmyworkspaceとしておきます。まあ自由に付けてもらって結構です。
workspace_name

Description
 このworkspaceについての説明文を書くところですが、別に空欄でも大丈夫です。

Private or Public
 このworkspaceを自分以外の人が見れるようにするかどうか選択します。自分一人で勝手に触るだけならprivateにしておけばいいと思います。
注)出来上がったアプリケーションを公開するかどうかではありません。

Choose a template
 Ruby on Railsの開発をするので、Rails Tutorialを選択します。

 あとは何も入力しなくても大丈夫ですので、Create workspaceをクリックします。しばらく処理中になるので、待ちましょう。

workspace 処理が終わると、開発画面が表示されます。

 非常にシンプルでスッキリしていていい感じです。

workspace2 コンソールっていうのはMacで言うターミナル(Windowsではコマンドプロンプト)のことで、ここでいろんなコマンド操作が出来ます。

 README.mdっていうファイルが初めからありますが、要らない人は消しましょう。すっきりします。
 
 次回はこの開発環境にRailsをインストールします。

分からないことはここで質問してみてください↓

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

書いている人

Nobuo

Nobuo

一番かんたんなJava入門というサイトを運営しています。Javaやphpは少し分かりますが、Ruby on Railsについては全く何も知らないので、このサイトにアウトプットしながら覚えていこうかと思っています。 [詳細]

folder Rubyの基本文法

more...

folder 初めてのRuby on Rails入門

more...

folder Rails忘備録

more...

folder 自作のRailsアプリケーション

more...