JavaからのRuby on Rails入門

Rubyで数値を文字列に変換する方法

calendar

reload

スポンサーリンク

to_sメソッド

 数値をレシーバにしてto_sメソッドを使うと、その数値を文字列に変換したオブジェクトが返される。

n進数の文字列表現

 to_sメソッドの引数に数値nを渡せば、n進数の文字列表現に変換される。

 ↓は、4という数値を2進数で表す文字列(100)を出力している。

 to_sメソッドの引数に渡せるのは、2から36までの整数値のみ。デフォルトでは10が渡されている。

数字はオブジェクト

 Javaなんかではコード内で数字を書けば、int型の数値(整数値の場合)として扱われるが、Rubyではコード内に書いた数値はオブジェクトとして扱うことできる。

 整数値を表すクラスには、Integerクラスを継承したFixnumクラスBignumクラスがあり、そのサイズによって自動的に切り替わる(その境目は環境に依存し、ほとんどのマシンでは31ビットまでがFixnumクラス)。

 小数値はFloatクラスのオブジェクトになる。

 「”」や「’」で囲んだ文字列はStringオブジェクトになる。

※classメソッドは、レシーバのオブジェクトのクラス名を返す。

 というわけで、数値をレシーバとして直接、操作することもできる。

分からないことはここで質問してみてください↓

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

書いている人

Nobuo

Nobuo

一番かんたんなJava入門というサイトを運営しています。Javaやphpは少し分かりますが、Ruby on Railsについては全く何も知らないので、このサイトにアウトプットしながら覚えていこうかと思っています。 [詳細]

folder Rubyの基本文法

more...

folder 初めてのRuby on Rails入門

more...

folder Rails忘備録

more...