JavaからのRuby on Rails入門

Cloud9/RailsでpostgreSQLを使う際に必要な初期設定など

calendar

reload

 Cloud9/Railsでwebアプリケーションを開発して、herokuで公開するつもりの場合は普通、PostgreSQLを使うかと思います。

 Cloud9で開発用のPostgreSQLを動かそうと思ったら、Cloud9ならではの面倒な初期設定というか、初めにしなければならないことがあるので、その辺の忘備録です。

スポンサーリンク

PostgreSQLを指定してappを作成

 これはCloud9うんぬんの話ではないですが、DBにPostgreSQLを指定して新しいappを作成するコマンド。

PostgreSQLを立ち上げる

 まず以下のコマンドで、PostgreSQLを立ち上げます。

 Cloud9では、しばらく使っていないとPostgreSQLが眠ってしまいます。PostgreSQLが眠っている状態でテストサーバーでサイトを表示しようとすると、PG::ConnectionBadというエラーが表示されます。

 その場合、上記のコマンドでpostgreSQLを再スタートさせましょう。

PostgreSQLにユーザーを登録する

 PostgreSQLにユーザーを登録します。まず以下のコマンドでフル権限ユーザーとしてPostgreSQLに接続します。

 接続できたらコンソールが以下のようにpsgrコマンド待ち状態になります。

 PCのOSのユーザーと同じ名前のユーザーを作成します。
※クライアント認証の為にOSのユーザー名と同じにする必要があります。

以下のようなエラーメッセージが出た場合は、既にユーザーが作られているだけなので問題ありません。

 ユーザーを作成できたら、\qコマンドでPostgreSQL接続から抜けます。

database.ymlを編集する

 /config/database.ymlというファイルがあるので、それを編集します。

 defaultの最後に、template: template0を追記します。

データベース作成

 後は普通にデータベースを作成します。

 以上。

分からないことはここで質問してみてください↓

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




関連記事

書いている人

Nobuo

Nobuo

一番かんたんなJava入門というサイトを運営しています。Javaやphpは少し分かりますが、Ruby on Railsについては全く何も知らないので、このサイトにアウトプットしながら覚えていこうかと思っています。 [詳細]

folder Rubyの基本文法

more...

folder 初めてのRuby on Rails入門

more...

folder Rails忘備録

more...

folder 自作のRailsアプリケーション

more...